借金が返済できないとヤバイ?金融ブラックリストの調べ方

金融ブラックリスト お金
アクト
アクト

こんにちは。最大2千万円の借金を学歴、職歴なしでアラフィフから返済。現在資産2千万円形成に挑戦しているアクトです。

ぢゃい子
ぢゃい子

よく借金返済が遅れたり、自己破産をすると金融関係のブラックリストに載るって聞くけど、アクトとは大丈夫だったの?

アクト
アクト

唐突だね笑。実は僕もいわゆるブラックリストには載っていますよ。

金融ブラックリストとは?

正確にはブラックリストと言うものはなくて、信用情報機関が加盟している金融機関のデータを保持及び管理して加盟金融機関が契約者や契約申し込み者の情報を問い合わせた際、その人の借り入れ履歴や返済状況などを参照することが可能となっています。

信用情報には名前・住所・借入している金額・返済状況などの情報が含まれています。「返済できなかった」、「債務整理をした」という事故情報も登録されます。

このような事故情報が記載されている場合、新規のローンの審査やクレジットカードの申請が通らなくなってしまいます。

主な信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

私たち借り手も、上記の信用情報機関に問い合わせることで自身の借り入れ状況が確認できます。

ぢゃい子
ぢゃい子

ブラックリストに載るとどんなことが起こるの?

アクト
アクト

正直僕の場合はブラックリストに載っている事で、不便に思ったり不利益になったことは一度もないです。

実際のシー・アイ・シー(CIC) 信用情報を公開!

信用情報の仕組みとは

例え既に借金を完済した人でも、以前に返済の遅延があった方や債務整理をされた方は現在も自分がブラックリストに登録されていないか気になると思います。

自身の信用情報は信用情報機関に依頼をすることで確認することができます。

実際に僕がCICに自分の信用情報の開示を依頼して、開示されたのがこちらの記録です。

以下のように記号が並んでいます。$マークが続いていれば請求額を滞りなく支払った記録ですので問題ありません。

僕の情報にあるように「A」が続くとまずい状態になります。

請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
請求額の一部が入金された
お客様以外から入金があった
お客様の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)
お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
入金されていないが、その原因がわからない
請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)
空欄クレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)
CICのHPより

そして赤枠の「お支払の状況」の「26.返済状況」に「異動」の文字があるといわゆるブラックリストに載った状態となります。

金融異動

「異動」と記載される条件は以下の通りです。

• 返済日より61日以上または3か月以上の延滞があった。

• 利用者に代わり、保証会社が返済した。

• 裁判所が破産手続きを決定した。

CICでは61日以上または3か月以上の滞納=「異動」の表記になります。

僕の場合数ヶ月にわたって「A」の未入金状態が続いたため、最終的にカードの利用は停止されました。

信用情報に異動があると住宅ローンやクレジットカードの審査はどうなる?

その後完済したのですが、完済時から5年間はこの情報がCICに保存されるため、令和4年末までは多分新規のカード作成などはできないと思います。

アクト
アクト

実際に令和元年にPayPayのポイント取得が有利になるクレジットカードの申し込みをして秒で審査落ちのメールが届きました笑

ぢゃい子
ぢゃい子

アクトはこれからもずっと新しいクレジットカードは作れなくなってしまっているの?自動車や住宅ローンは?

アクト
アクト

絶対とは言えないけど、多分情報が消える令和4年までは新規のローンの与信通過は難しいんじゃないかな。

まあそれはそれで仕方がないし、ローンじゃなくて現金で家が買えるくらい稼いでやるとモティベーションにしています。

注意

「異動」が記載された状態でクレジットカードやローンの申し込みをすると、与信のためにカード会社や金融機関が信用情報にアクセスします。

そこで「異動」を目にすると、与信が通らないばかりか、自社のデータベースに「異動」情報を登録します。

そうなると一定の期間後に信用情報からは「異動」が削除されたにも関わらず、金融機関のデータベースには残ってしまうことで新たな融資の申し込みなども断られる可能性があります。

この期間はできるだけ、ローンや新規カードなども申し込みは控えた方が良いでしょう。

金融ブラックリスト?自分の信用情報の調べ方

信用情報は各機関に開示依頼する事で、確認する事が可能です。最近ではスマートフォンで申し込み、インターネットで開示を行うことも可能です。

掲載されている信用情報はそれぞれの機関で重複していることも多いので、まずは一つの機関に登録されている情報を確認した上で、必要であればその他の機関にも問い合わせれば良いでしょう。

ここでは株式会社シー・アイ・シーのインターネット開示の手順はとても簡単で、以下のURLから行う事ができます。ちなみに利用手数料1000円が必要となり、クレジットカードでの支払いとなります。

  1. スマートフォンから受付番号を取得
  2. お客様情報の入力
  3. 入力内容の確認、利用手数料のお支払い
  4. パスワードの発行
  5. 開示報告書の表示(ステップ4のパスワードを利用してPDFファイルで参照します。)

スマートフォンでの開示手順(CICのHP)

信用情報は一定期間で削除されます。

信用情報を取り扱っている会社によって差があるそうなのですが、返済遅延や任意整理では5年、自己破産、個人再生では5~10年期間で信用情報から削除されるとされています。

まとめ

・いわゆる金融ブラックリストというものは存在しない。

・信用情報機関と言うものが存在し、彼らが借り手の借り入れ情報や返済状況を保有している。

・借り手の個人でも自分の信用情報を確認することは可能。

・一般的に金融事故を起こすと5年から10年間は事故情報が保存されます。「事故情報が」いわゆる「ブラックリスト」

・事故情報の参照可能期間は新規の借入れやクレジットカードの作成をすることは難しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました