うまくいく!本業と副業のバランス

仕事/働き方
アクト
アクト

こんにちは。最大2千万円の借金を学歴、職歴なしでアラフィフから返済。現在資産2千万円形成に挑戦しているアクトです。

現在は外資系企業のサラリーマンをやりながら、EC物販や個人で海外事業のコンサルティングをやっています。

ぢゃい子
ぢゃい子

最近副業を解禁する会社も増えて来たわね。

アクト
アクト

終身雇用を維持できる会社が少なくなったので、年金や会社をあてにしないで個人で稼いで欲しいということですね。

ぢゃい子
ぢゃい子

本当ね。退職金が期待できる仕事なんてそんなにはないもの。みんなどんな副業をやっているのかしら?

本業と副業のバランス

一般的な副業

  • アルバイト – 飲食店、コンビニ、軽作業
  • ネットビジネス – せどり、アフィリエイト、メルカリ、WEBライター
  • 本業を活かしたビジネス – スポットコンサル、サービス運営、プログラミング、通訳翻訳
  • 趣味を活かしたビジネス – 手作り商品の販売、週末ケータリング
  • 特技を活かしたビジネス – ダイエットアドバイザー、観光ガイド、ドローンパイロット
アクト
アクト

他にも色んな副業があるけど、相乗効果が高いのは本業を活かした副業ビジネスですね。

ぢゃい子
ぢゃい子

それはどうして?

アクト
アクト

新しいことをやるよりも、既に経験があるのでマネタイズまでの道のりが近いです。趣味や特技を活かした副業も打ち込みやすいので良いですね。

本業と副業のバランスを取るためのポイント

  • 時間のバランスを上手に配分する
  • 自動化する
  • アルバイトやギグワークはお金だけではない他の目的を持つ
  • 副業を最適化して本業にもメリットをもたらす

筆者が行っている副業

ぢゃい子
ぢゃい子

アクトはどんな副業行っているの?

アクト
アクト

僕は本業を活かしながらネットビジネスをメインでやっています。他にはこんな感じですね。

  • 海外商品の国内ブランディングと代理店業務
  • EC関連のコンサルティング
  • 音楽レーベルのコンサルティング
  • 海外アーティストや作品の契約交渉等
  • 本ブログの運営

2019年は本業と副業が50:50

アクト
アクト

固有名詞にモザイクをかけている箇所も、副業の売上なので大体本業と50:50ですね。

時間バランス

限られた時間を有効に使うためにも、以下のことを意識しています。

朝と夜でタスクを分けて活動的な時間を有効に使う。

本業が完全なリモートワークになり、今は出勤の時間がなくなったので、朝時間をしっかりと副業に当てています。

通勤していた時でも、電車の中の時間はメール返信や事業プランの作成、ブログ記事の執筆などに当てていました。

今は朝の2、3時間をで思考が必要な業務を行っています。本業が終わった夜は疲れもありそれほど複雑な作業ができないので、レポート作成や簡単なEメール返信などを行っています。

副業で時間の切り売りは避ける

大切なのが時間を切り売りしないという意識です。

  1. 自動化できる事は自動化する。
  2. アルバイトはギグワークはお金以外の目的を持つ
  3. 誰かの問題を短時間で解決することに意味がある

事業として副業をするメリットは、基本的に時給換算での仕事ではないと言うことです。

問題解決の時間が早ければ早いほどクライアントは喜びます。あなたもそれだけ生産効率が上がり、時間のために稼げる金額も上がります。

私もネットショップの販売は、受注から発送まで全て自動化できる仕組みを作っているので、本業やその他の仕事をしていても売り上げが自動的に入ってくれます。

アルバイトやギグワークはほとんどの場合では時給に換算される労働ではないでしょうか?時間は有限なのでどんなに仕事をしてもこれでは稼ぎの限界があります。

このような仕事は副業として長期で行っても疲労が溜まるだけですので、注意が必要です。

隙間時間がある、接客が好き、体動かしたい、その業界に興味がある。など仕事自体に目的があるとき以外は他の稼ぎ方を探した方が良いでしょう。

まとめ 副業を本業に活かす働き方

ぢゃい子
ぢゃい子

本業で疲れているのに、副業をするメリットってお金以外には何があるの?

アクト
アクト

冒頭でお話ししたように、現代社会では一つの会社や仕事だけで一生やっていくには、いささか不安がある時代になりましたよね。でもお金だけではなく、副業はキャリアアップや人生の幅を広げるためにも有意義な効果がありますよ。

  • 本業の強みを活かしたポートフォリオ
  • 問題解決能力が高まる
  • 就職、転職の機会が広がる
  • 人脈ができる

副業で接続的に新しい知識の吸収や経験をした場合、これまでの経験と掛け合わされることで強い職業のポートフォリオが構成できます。

また個人事業として仕事を受けた場合、会社と言うバックグラウンドなしに問題解決をする能力が高まります。これは会社組織でも重宝される能力です。

副業での経験が契機になって、良い条件での転職や就職をするケースもあります。自分自身の強みや興味関心の対象を広げる良い機会をもたらしてくれるでしょう。

これからの時代は独立と会社員を行ったり来たりするような働き方も一般的になるかもしれません。より柔軟性が高い雇用形態を味方につけるためにも、「副業」という働き方をできるだけ若い時から経験しておくことが有利に働くでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました