仕事とお金 20代~50代でやっておきたいこと まとめ

仕事/働き方
アクト
アクト

こんにちは。最大2千万円の借金を学歴、職歴なしでアラフィフから返済。現在資産2千万円形成に挑戦しているアクトです。

現在は外資系企業のサラリーマンをやりながら、EC物販や個人で海外事業のコンサルティングをやっています。

ぢゃい子
ぢゃい子

アクトって今アラフィフよね。何か若い時と変わったこととかってある?

アクト
アクト

僕は今年47歳ですが体力、気力ともに20代30代より充実していると感じています。

人生100年時代と言われて、1つ昔前と比べると年齢に対する考え方が大きく変わってきたと感じます。

ぢゃい子
ぢゃい子

確かに私の祖父母の世代と親の世代では老後の印象がかなり違うわね。

これまで日本では60を過ぎると仕事からは引退、いわゆる老後が始まりました。

70歳を過ぎると腰が曲がった方など身体的にも老いが現れてきていましたが、現在では60代はまだまだ現役、70代でなくなると若くしてお亡くなりになってと言われるような時代です。

仕事とお金 20代~50代でやっておきたいこと まとめ

年齢とともにインプットからアウトプット重視へシフトしていく

年齢を重ねるとともに、社会や家庭での役割が変化していきます。

人生100年時代において、充実した一生を過ごせるよう、各年代で行いたいことをまとめます。

1. 人生はインプットとアウトプットでできている
2. 年代に応じてその比重を意識する
3. インプットもアウトプットも一生続ける
 

20代 インプットを意識して経験を重ねる

とにかく20代はいろいろなことを経験するのが良いでしょう。成功しても失敗しても経験はその後の人生にとって大きな糧になります。

学校の勉強も良いのですが、20代になると実際に働き始める人が多いですし、法律的にも社会参加の幅が広がるので様々なことを実際に体験しながら学ぶことが可能です。

– 仕事趣味
– スポーツ
– 芸術
– 旅行
– お金
– 友人との交友

様々なジャンルに興味を持ち少しずつでも体験をして行くことで、自分が深く打ち込めることや、人生のポートフォリオに生かせることを見つけていくと良いと思います。

– 興味が湧いたら積極的に実践する
– Webからの情報収集
– 読書からの情報収集
– 肉体労働、飲食店、インターンなど幅広く仕事を経験する
– アルバイトなどを通していろいろな年代の人と関わる
 

30代 自分のやりたいことが固まってくる

20代で始めた挑戦の結果がそろそろ見えてくる人もいるかもしれません。仕事でも自分の責任の範囲が広がりプロジェクトなどを主導する立場につき始める人も多いでしょう。

この年代ではアウトプットをしながらインプットを継続することが大事になります。忙しい中でも学ぶことを止めてはいけません。

例えば旅行であればバックパッカーのようなフォロー型の旅から、仕事、趣味、ボランティア等のテーマに沿ってより深くその国や文化に関わるようなスタイルに変化するのではないでしょうか。

同じバックパッキングの旅行しても20代とは物事を観察する視点が異なってきていると思います。

何この年代ではアウトプット能力も身についてきているので、経験を他の人に伝える、社会に還元するといった事を意識し始めると良いでしょう。

20代から30代中盤まではお金は自分への自己投資に使う意識で良いと思います。そこから話を通して得た知識や経験をもとに、投資からのリターンを意識するようにしましょう。

30代後半では、家族や今後の人生といった長いスパンでの人生計画がより臨場感を持ってくるかもしれません。

– 幅広いジャンルについて勉強する
– 特定の分野を深堀りして強みを作る
– 運動や食事を意識する
– 投資など金融リテラシーを高める
– 仕事>職場>会社>業界>社会と俯瞰して物事を捉える
 

40代 責任が増す世代

40代では家族や仕事、社会への関わりと責任が非常に大きくなっている年代でしょう。その責任を果たすためにも意識的に多くのことに取り組む必要があります。

健康 

健康管理も家族や仕事に対する責任の一環となるのがこの年代です。

食事や定期的な運動、睡眠不足や飲酒、週末の過ごし方といったライフスタイルの見直しも行う必要があります。

これから中高年と呼ばれる世代に入っていくためにも健康は最も重要度の高いあなたの資産になります。

仕事

これからの世界では1つの仕事に執着することはリスクになりかねません。

あまりにも世の中の変化が早く、高度な技術かと国際化によってこの業界や業態、スキルが陳腐化するスピードも恐ろしく速くなっています。

40代ではアウトプットの重要度が増してきます。ここまで培ったノウハウと経験をアウトプットすることで副業等の収入につなげていきましょう。

本業の延長線でも構いませんし、趣味や社会活動で培われた経験を生かすことも有効です。

またジムがわりに体を使った仕事をスポット的に行うのも一石二鳥かもしれません。

お金

40代からであれば確定拠出年金等を利用した長期の積み立て投資を行うメリットが十分にあります。

まだ投資を開始していない人はぜひ40代からはお金に働いてもらう体験をスタートしてもらいたいです。

投資は短期であればあるほど被るリスクも大きくなります。そのため少しでも長く時間を味方につけることがとても重要になります。

– 改めて健康を意識する
– 仕事に対して幅広い視点を持つ
– 積極的に新しいことに挑戦する
– 副業などで経験や知見をアウトプットする
– 正しい知識を持って投資を行う
 

50代 老後の暮らし方を意識する

我々と旧世代で最も大きく異なるのが、老後の暮らし方だと思います。

大きな違いはこれからの世代は老後でも深く社会にコミットすると言うこと。

経済的な理由で仕事を続ける人もいるでしょうし、社会的な関わりとして無償で価値を提供する人もいると思います。

アウトプットを死ぬまで続ける

それが老後の幸せにつながるのではないかと思います。

50代はそのようなアウトプットを意識し始めるのに適した年代ではないでしょうか。これまでの人生で蓄積された経験には非常に重みと価値があります。

子供の教育等にかかっていたエネルギーを他の所に向けられるのもこの年代でしょう。

また引退後の経済的不安と社会との関わりや人間関係に対する不安を払拭するためにも、どのようなアウトプットが自分にできるか多くのことをトライするのが良いと思います。

20代のときの経験はインプットが目的でした。
50代からの経験はアウトプットを目的にします。

かつての20代の自分にとって有益な情報をアウトプットすることを心がけるのはいかがでしょうか。

– これまでの人生経験を整理してみる
– ソーシャルメディアなどのツールを利用する
– 社会との関わりをより強く意識する
– 仕事以外で社会との繋がりを持つ
– 幅広い世代を関わる
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました