20代〜50代 年代別 借金に向き合う方法!!

借金返済
アクト
アクト

こんにちは。最大2千万円の借金を学歴、職歴なしでアラフィフから返済。現在資産2千万円形成に挑戦しているアクトです。

今日は年代別にどのように借金と向き合うべきか、また借金返済を加速化させる方法や考え方をお話しようと思います。

ぢゃい子
ぢゃい子

年齢が上がるにしたがって借金があると大変になるイメージだけど。

アクト
アクト

確かに年齢によって選択肢が少なくなることは事実だと思います。ただ若い時になかった経験などが強みとして働くこともあります。実際僕も負債体質から脱して、返済を加速出来たのは40代半ばからでした。

ぢゃい子
ぢゃい子

年齢が上がってもできることはあるってことね。

20代〜50代 年代別 借金に向き合う方法!!

20代 失敗との向き合い方

失敗から学ぶ

失敗から学ぶ事はとても大切です。経験を通して身に付けた事は今後の人生にとってかけがえのない財産となります。

仮にあなたが今20代でお金や恋愛お酒などで手痛い失敗を経験したとしても心配しないでください。逆に若いうちにそのような失敗体験ができたことをラッキーだと思っても良いくらいです。

親や学校、社会が決めた安全なレールを歩いてきて、若い時に逸脱した経験がない人の方が危険です。

ギャンブル、異性、お酒、借金などのトラブルに40代50代といった年齢で見舞われる人もいます。耐性やリテラシーがないためそういった方々が中高年からそのような状況を克服するのは若い方に比べてより困難になるでしょう。

未来から逆算する

その点20代の皆さんは、その失敗をリテラシーや耐性として、今後の人生で同じ過ちを犯さないための学びとして活かせます。

10代20代は最も不安な年代です。1度の失敗でもう取り返しがつかないと思ってしまうかもしれません。実は私も20代の時はそうでした。

断言しますこれからの人生は長く、その間に様々な学びがあります。20代のあなたの経験はどれほど辛いものであったとしても、強固な土台として今後の人生を支えてくれることでしょう。

豊かな未来をゴールとして思い描いて、一歩ずつそこに進むための行動を行っていきましょう。必ず20代の時の悩みがあったから自分が育ったと思える未来が訪れます。

30代 体質改善のチャンス

自己投資こそ最も確実な投資

30代では仕事などを通して社会の中である程度自分の立ち位置ができてくる世代かと思います。

30代の借金はギャンブルや遊興費等の浪費によるものから、起業や事業の資金繰りで発生した借り入れなど様々だと思います。

いずれにしても自己のライフスタイルや仕事の仕方を見つめ直す「素晴らしいツール」として借金を活かしてください。

遊興や浪費にあてる時間とお金は、稼ぐ力を身に着けるための勉強や行動に使ってください。その力が付いてから遊んでもまだまだ時間と体力の余裕はあります。

ビジネスで苦しんでいる人は、今一度その事業のマーケットの状況、自社のポジショニングなどを冷静に分析をして進退の判断をしましょう。

私もそうでしたが不適切なビジネス環境でもがくことは、傷口を広げることになりメリットがありません。一度撤退した上で、新たなスタートをきる勇気も必要です。

借金体質から投資体質へ

30代は無駄遣いなど借金体質から、資産を積み立てていく投資体質変換するとても良いタイミングです。

自分の行動を徹底的に見直して、消費浪費投資の違いを肝に銘じましょう。どんなに利回りの高い投資を行うにしても、無駄の多い消費と浪費を繰り返して投資の元本を大きく持ってなければ何の意味もありません。

どうすれば固定費を安く抑えることができるのか、浪費の代わりに勉強に時間とお金を当てるなどここからは真剣にライフスタイルの変革を目指す必要があります。

まだまだ先の人生は長いです。ここからがんばれるかどうかが今の行動が未来を左右しますので、真剣に取り組んでください。

40代 ここでの選択が重要

ここが踏ん張りどころ

40代になると、転職や収入を上げるにしても、選択肢がだいぶ狭まってしまう事実があります。ライフスタイルの変更も難しいと考えるかもしれませんが、ここでの軌道修正は今後の老後を考えるととても重要かつ最大のチャンスと言えるかもしれません。

この年代でいまだに借金体質から抜け出せない人は、その原因において中毒であったり何か根本的な原因が潜んでいる可能性があります。

その場合1人で物事を解決するのはとても困難です。ギャンブル中毒やアルコール依存等はもちろんですが、専門家やリハビリなどの施設や仲間の力を借りながら回復していくことが重要です。

そのような状態を恥じる必要は全くありませんし、たとえ何歳であってもマイナスから立ち直ろうとする人に対しては世間が応援してくれます。今はインターネットで様々な情報を調べることが可能ですので、自分1人で借金体質から改善できないと思った場合は積極的に外部の力を借りてください。

40代から収入を上げるための勉強を始める事は全く無駄ではありません。それどころか今までの人生経験と掛け合わせが働くことで、今までより少ない労力で大きなリターンを得ることも可能になります。

勉強するということはイコール、リスクを減らすということにも繋がります。不勉強な状態で一攫千金を狙うのではなく、十分勉強して確実な成果をあげてください。

冷静に状況を判断して選択を

若い時とは違って40代になると限りなくトライとエラーを繰り返せば良いというものではありません。これまで以上に有限である時間を上手に使うことが求められます。そのためには徹底的に状況を俯瞰して把握する力が必要です。

目の前のことだけにとらわれないでください。的確なゴールを設定して達成のための最善の方法をいち早く実行していくのです。ためらう時間はもうあまり残されていないかもしれません。行動力がとても大事であることを肝に銘じてください。

まだまだ未来に対して出来ることはたくさんあるはずです。

50代〜

少ない選択肢でも最良の道は選べます

50代を過ぎると選択肢と言う意味ではかなり少なくなっているかもしれません。ただしこれは外部から提供される選択肢であって、あなたが提供できる価値はまだ無限に残されていることを覚えていてください。

50代から転職を考えた場合おそらく選択肢は30代40代に比べても少ないでしょう。しかしこれまでのあなたの経験を役立て問題解決を提供することで人の役にたつのであれば、あなたの価値はまだまだ高く、これからもっと高みに行ける可能性もあります。

人生を突き詰めて考える良い機会

この段階でまだ負債に苦しむ方には、返済ではなく債務の整理を行った方が今後の人生にはメリットが大きいかもしれません。起きてしまった事は起きてしまったことです。

この経験をここから先の人生の大きなゴール設定にとって活かすのであれば、借金の返済ができたできなかったと言うのは特に大きな問題ではありません。不義理をした人には今後の人生を持って彼らの役に立てることを考えて、実行しましょう。

お金と言う形ではなくても社会に対してあなたが貢献する事はたくさんあるはずです。借金という足かせがなくなることによって、あなたが社会に貢献できる可能性が広がることもあるのです。

Less is more(足るを知る)で生きていきましょう

歳を重ねていくとこれまであまりにも普通の事として気にも留めなかったようなことがとても美しくいとおしく感じられるようになるそうです。草花や雨の香りや風といった自然の移ろいにまさにお金などには交換ができない美しさを感じられるようになるそうです。

これは人生を通して様々な経験をしてきた人たちに訪れるギフトのような時間ではないでしょうか。お金や物質を価値の基準にするのではなく細やかな人や自然との関わりを大切にしながら生きていく、そういった転換を心に決める良いタイミングでもあると思います。

まとめ

あなたがまだ若ければ、この借金を経験としてこれから先の人生でリカバリしていく時間はまだまだたっぷりと残されています。

ここで無自覚に生きてしまっては、借金はなかなか減らずに先の人生に大きな負担を残してしまいます。また経験不足から色々と不安に思うことたくさんあるでしょう。情報収集と勉強を重ねてお金や仕事との関係をより良いものにしていく努力が必要です。

歳を重ねることによって選択肢が少なくなり若い時に比べて不利な状況にあると思われるかもしれません。しかし経験を積み重ねたことによって提供できる価値も若い時と比べて大きいことも事実です。

自分が提供できる価値の棚卸しを行い、ぜひ給与収入、事業収入の二本の柱をこつこつと作り上げてください。その柱をゆっくり着実に育てていくことで必ずあなたは負債から脱出することができます。

その時には負債返済にあてていたお金を投資に回すことができ、あなたの財務体制は盤石なものになります。

どうしても10年以上かかっても借金の返済が見込めない状況なのであれば、債務整理を真剣に検討することも必要です。10年後にマイナスの状態を続けている位であれば、今一旦ゼロの状態にリセットし、10年後にはプラスの財務体制を築くことができるでしょう。

債務整理を不義理と感じるのであれば10年後社会に対する恩返しをコツコツと始めていけば良いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました