2000万の借金返済のためにやった仕事

仕事/働き方
アクト
アクト

こんにちは。最大2千万円の借金を学歴、職歴なしでアラフィフから返済。現在資産2千万円形成に挑戦しているアクトです。今日は僕が借金返済の時にやってきた仕事の数々をご紹介したいと思います。

ぢゃい子
ぢゃい子

なんか今日はアクトの謎が少し明らかになりそうね。

アクト
アクト

以下を読んでいただくといかに僕が脈絡のない色の経歴を持っているかがわかると思います笑。

今現在借金返済中の方ももういい仕事が見つからないと諦めずに、いろいろな可能性に挑戦してチャンスをつかんでいただきたいです。

2000万の借金返済のためにやった仕事

チラシポスティングのドライバー

アクト
アクト

これは僕が約10年ぶりに海外から帰国して初めてやった仕事ですね。

  1. 早朝にハイエースを大量に所有している会社へ行く
  2. その日配るチラシを車に積み込む。
  3. ハイエースを運転して某駅へ行きます。
  4. 当日チラシをポスティングするアルバイトの人たちが駅に集合
  5. その人たちを乗せてポスティングをする地域を車で回る。
  6. ポスティングが完了したらみんなを最寄駅に送る
  7. ハイエースを事務所に返して終了

助手席にはポスティングのリーダーが乗っていて、彼がエリア分け等の管理はしてくれるので本当に運転するだけの仕事でした。

駐車場がない住宅エリアがほとんどなので、車に常駐している必要があり、みんながポスティングしている時間は基本的にフリーなので非常に楽でしたね。

日給が交通費込みで1万円ちょっとだったと記憶しています。資格が普通免許しかない自分にとってはその資格を最大限生かしたアルバイトでした。

IT土方

当時はインターネットの高速回線化が一般家庭でも進んでいる時期でした。

回線工事を行い、その後ルーターの設定が必要なのですが、中にはインターネットの設定などを行ったこともない人も多くてそういったご家庭を回り設定作業をしていました。

契約していた会社から自宅にファックスが届き、当日の訪問先とタイムスケジュールを確認、自分で車を運転して各現場を回る直行直帰の仕事でした。

その他、地方の会社でのPCの入れ替えや、それに伴うバッチ当て、システムインストール等の日雇い現場もいくつかこなしていました。いわゆるIT土方と言われる単発仕事ですね。

パソコンなどの知識も貧弱だった当時の自分には、汎用的な知識を身に付ける良いきっかけだったと思います。

サポートセンター及びそのマネジメント業務

これは派遣会社を通してオフィスに通っていました。ITサービスの法人向けテクニカルサポートをやっていまして、そこからいくつか仕事を紹介してもらい、今で言うGAFAM の一角の企業でのサポート外注先のマネジメント等の仕事などもさせてもらいました。

GAFA(ガーファ)[1]、GAFAM(ガーファム)[2]、ビッグテック(英語: Big Tech)[3]などは、IT業界において巨大で支配的・独占的な企業群を指すために2010年台より報道などで使用されている用語。

GAFAはGoogle・Amazon・Facebook・Appleの4社を指し、GAFAMは更にMicrosoftを含む5社を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/GAFA

ここで人生で初めて一般的な会社での仕事というのがどういったものか覚えた感じです。30歳を超えていましたけれど笑。

ぢゃい子
ぢゃい子

30過ぎるまで会社で働いたことなかったの?

アクト
アクト

はい、でもその話はまた別の機会に。

ぢゃい子
ぢゃい子

やっぱりなかなか謎が解けない。。。

起業 イベント企画製作

ここで会社を立ち上げました。金融公庫と銀行から起業資金も得て、やる気満々だったのですが、見通しの甘さと、経験不足から無駄な支出も多すぎて火の車になるのにそれほど時間はかからなかったです。

収益化がはっきりしないうちからたくさんのお金を注ぎ込んだことがその後の借金地獄につながりましたし、とにかくやり方がまずかった。

2011年、東日本大震災が起こった年ということもあり、事業環境も良くなかったです。

稼いだ仕事!

アクト
アクト

稼いだというか、稼がせてもらった仕事ですね。これらがあったから今の自分がある。失敗も多かったですが、ゆっくりと、お金や仕事のリテラシーが高まって行きました。

Eコマース

現在も僕の副業の主軸になっている仕事です。「せどり」とは違って海外のメーカーと日本での独占契約を結んで商品を販売します。

  1. ブランディング
  2. オンラインストアの構築
  3. マーケットプレイスでの販売
  4. 流通、問屋への卸売販売
  5. マーケティング

一連の作業をなるべく自動化することで、副業として高い利益効率を得ることができています。

オンラインポーカー

これは仕事ではありませんが、ある時YouTubeで優勝賞金6億円をかけてプレイするポーカートーナメントの動画を見て衝撃を受けました。

またプレーヤーたちは想像していたギャンブラーとはほど遠く、元チェスのチャンピオンだったり、勝負の前には瞑想を日課にしていたりポーカーのイメージがひっくり返りました。

精神のコントロールを伴った高度な頭脳ゲームかつ投資活動ではないかと興味を持ちました。そこから多くのポーカー本を読み漁りました。

海外のポーカーサイトに90ドル入金。当時上記のEコマース事業がほぼ全自動で動いていたこともあり1日中プレイしていましたね。ポーカーでは確率の計算であったり、期待値、またその分散による精神状態のコントロールなど多くの学びがありました。

最も大きかったのはバンクロールマネジメントと呼ばれる、資金管理です。これまで数多くのプロジェクトに見境なく、資金を投入してしまった自分にとっては目からウロコの必須スキルを身に付けることができました。

最終的な収支ですが約2年プレイして90ドルが中古のヨーロッパ車が購入できる位には増えていました。

配送会社の倉庫作業

これは僕の人生の転機になりました。物販とポーカーでほぼ毎日家で過ごしていたのですが、そんな毎日にも飽きてきて体を動かしたい。できたら仕事で体動かしたいと言う強い欲求が生まれてきました。

また金銭的にもなんとか食えてはいるものの借金返済はなかなか進まず、追加の収入が必要だったのです。

まさか40歳を過ぎて肉体労働のアルバイトを始めるとは思っていなかったのですが、20代の時に経験したことのある配送会社の夜勤の倉庫作業をすることになりました。結果的にこのときの決断がその後の人生を大きく変えました。

動き続けるということが人生を変えるためには必須であることを実感した経験です。

夜間の倉庫作業はもちろん肉体的にはきついのですが、ジムで筋トレをしてると思えばお金をもらえるだけありがたいです。

そこで出会った若者のアフィリエイトブログの運営を手伝ってあげてたことなどもあり、本ブログの立ち上げの時にはその知識が結果的に役に立ちました。

労働の素晴らしさを実感できたことが最も大きな気づきです。その後の会社勤めなど抵抗なくこれまでの人生からのシフトができた事はこの仕事のおかげでした。

ヨーロッパ系外資企業のコンサルティング

配送会社で働いていると、10年ほど前に登録していた派遣会社からお仕事案内のメールが届きました。

これまでは自分の事業をやっていたため無視していたのですが、外の会社に働きに行くのも面白いかもしれないなと考えました。

応募したIT企業の業務は要求スキルがマッチせず決まらなかったのですが、代わりにヨーロッパ系外資企業のシステム運用のポジションがありそこに派遣社員として勤務することとなりました。

実際のシステム運用はインドで行われていたため日常業務でもインドのエンジニアとのやりとりが多かったです。

日本の部署の人たちは先方のインド訛りの英語に非常に苦労していたようで、行うべきシステム改善がもう半年近くも頓挫している状態でした。そこにインド滞在経験のある僕が入り、双方のコミニケーションを円滑化したことで非常に有り難がられました。

二期の派遣契約を経た後、私の会社と直接のコンサルティング契約を結ぶことになりました。自分の経験や能力が誰かの役に立つことのダイレクトな手応えを感じることができ、自信になったと思います。

音楽ソフトライセンス事業

こちらは海外の音楽ライセンスを取得して日本でリリースを行うレベル事業のコンサルティングです。

かれこれ10年ぐらいこの仕事には関わっていて最近ではCMソングの制作や夏フェスでのアーティスト出演、FMラジオでのパワープレイなどレベルの成長が感じられてとてもうれしいです。

米上場外資企業のサラリーマン

上記のように様々な仕事をしてきたのですがその中で出会ったSaasがありまして、そのサービスの使いやすさやユニークな会社のポジションとカルチャーがとても気になりました。僕が使い始めた頃はまだ英語でのサービスのみだったので僕が日本でのアーリーアダプターだといえます。

このサービスが日本に本格上陸すると聞いて早速説明イベントに出かけていきました。どうも日本人のスタッフはまだ数えるほどしかいないようで、このサービスを日本でも浸透させるためには何か僕も力になれるのではないかと思いました。

リサーチをしていると本国のホームページで日本での社員を募集していることを発見。ためらうことなくポチりました。こうして40代半ばにして初めてサラリーマンになりました。

ここでは一つのチームをマネージする役職をいただき、テック企業の変化スピードの速さをダイレクトに、楽しみながら働いています。

まとめ つい数年前までは自己破産を考えていた

好奇心旺盛に学び、動き続ける

アクト
アクト

このように様々な職業遍歴を経てきました。

ぢゃい子
ぢゃい子

なんか一般的じゃ無さすぎて「再現性」があるかというと疑問ね。。。

アクト
アクト

確かに再現性はないかもしれません、でもきっかけになったことは再現可能だと思います。

  • いろいろなことに興味をもってやってみる
  • ちょっとビビるくらいのことに手を出してみる
  • 自分ができる1レベル上の仕事に応募する
  • 足りないスキルはやりながら勉強する
  • これまでの経験を棚卸し
  • 人にはなるべく親切に接する

いろんな事にチャレンジして、失敗を経験してもそこから学ぶこと。そのサイクルが早く回ることで必ずチャンスがつかめます。

私もつい3年前までは真剣に自己破産を考えていました。未来に対しては不安しかなかったです。

そんな自分でも数年で給与収入と副業収入で負債から脱出して、純資産を築くことができました。

どんなに辛くても諦めずに、学び、動き、チャレンジを繰り返しましょう。必ずその苦境から脱出できる時がやってきます。その時には今までの苦しさが大きな財産となっていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました